-社壊人の物語-

徒然日記

PROFILE
えの


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS

SEARCH THIS SITE
日進月歩
気づいたら7万HIT。

一時期は更新が滞ったりしたけど、これからはなるべく
更新するので、これからも宜しくお願いします。


さて、神奈川県の南に住む方、土曜の雨酷かったねぇ。。
いきなり雷が鳴り、10分後には嵐かと思う程の大雨・・・。

その日は丁度、毎月恒例のフットサルへ行く予定で
この雨の中じゃ流石に出来ないだろぉ・・・と思っていると
30分後?にはすっかり止んでたね。

なので、土曜日は予定通りフットサルをやり、今日は
予定通りの筋肉痛・・・(苦笑


ところで、土曜日に映画を借りて観たのよ。
ALWAYS 3丁目の夕日」ってやつなんだけど、東京タワーが
建設完了する年の、とある下町での物語り。

戦後間もない日本は、まだTVも全然普及してなく、どこかの家族が
TVを買えば、近所の住人が総出でその家に集まってくる、という話を
聞いた事があったけど、映画の中にそのシーンがあった。

力道山はその時代のプロレスラーだったのか・・・と初めて知った。

今から48年も前の話だけど、現在の日本はその期間でよく
ここまで成長したもんだなぁ。
うちの母親は当時12歳だったろうけど、ここまで日本が発展するとは
想像してなかったんじゃないかしら。

俺らの年代ですら、任天堂DSを手にしてみると
ゲームウォッチがここまで進化したかぁ・・・としみじみ思うけど
うちの母親の世代は現在の東京を見てどう思っているのだろう。

また、俺がその歳になる35年後は、どう変化しているのだろうか。


自動車が空を飛ぶ時代が来るまでは生きていたいな。。。
【2006/11/06 (Mon) 18:31】 Movie // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
THE 有頂天ホテル
久々に映画・・・と言ってもいっつもDVDだけど観た。
個人的に三谷幸喜は好きだから、古畑も毎回欠かさず観てる。
でも、古畑は年始のスペシャルで最後とか。
残念だわ・・・。

んで、本題に戻ろう。
この映画、登場人物が豪華である上に、かなりの人数。
時間内に話が収まるのかなぁ・・・と思っていると、きっちりまとまっていて
見応えがあり、まさに三谷マジックと言うべきか。

連続ドラマを一本の映画に収めた様な感じかも・・・?


まぁそんな印象を受けたって事は、やっぱ物足りなさがあるって事で。
展開はスピーディーで良かったんだけど、登場人物の背景が
今一つ足りない気もしたので、やはりこれは連続ドラマにした方が
良かったんじゃないか?という気がしないでもない。
【2006/08/15 (Tue) 17:15】 Movie // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
懐かしい
僕らの7日間戦争を久々に観た。

これ、何年前の映画か覚えてないけど、何となく久々に
観たいなぁと思って借りてみた。

小さい頃と今とでは、同じ映画でも感じ方が変わる。

ストーリーと関係なく気になったのは、服装だけどね・・・。
【2006/04/23 (Sun) 13:38】 Movie // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
もういちど
SAW2をもう一度観た。

とは言っても、前回途中で寝落ちしてしまったので
今回は記憶にある部分まで早送りして、そこから観た。


やはり結末は、「やられた」という感じ。

今回もやっぱり全然金かかってないんだろうなぁ・・・。
派手な演出なく、ここまで面白い作品は滅多にお目に
かかれないんじゃないだろうか。
【2006/04/22 (Sat) 13:16】 Movie // TRACKBACK(0) // COMMENT(4)
このページの先頭へ
生きてこそ
えがちんからだいぶ前に借りたDVDをようやく見終えた。
何度か見てみたものの、大抵寝る前に見るもので
途中寝落ちしてしまうわな・・・。


ALIVE ― 生きてこそ


これは、実話を元に作られた作品。

1972年10月12日
南米のウルグアイの学生ラグビーチームが乗る、コロンビア行きの
貸し切り飛行機が アンデス山脈上空で墜落事故をおこす。

そして、墜落から救助されるまでの72日間の物語である。


彼らは、生き延びるために死んだ仲間の肉を食べた。
死んだとは言え、かつては友達だった人間のだ。

正直、凄いなと思う。
吐きそうになりながらも、かつての友の肉を食う。
想像するとおぞましい光景だけど、彼らはそこまで窮地に
立たされていた。

そんな窮地からの脱出。
人間の生命力とは凄い。


救助隊が来た時の皆の喜び。



全米が泣いた。
【2006/04/01 (Sat) 13:41】 Movie // TRACKBACK(0) // COMMENT(3)
このページの先頭へ
二作目
SAW2


SAWの続編。
今回は、開始直後ゲームに使われた機材から、犯人の
居場所がつきとめられ、警察がそこへ乗り込む。

担当の刑事がそこで見た物は、ゲーム監視用の
モニターに映る、自分の息子の姿だった。





・・・zZZ




どう見ても寝落ちです。
本当にありがとうございました。
【2006/03/31 (Fri) 11:20】 Movie // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
一作目
SAW

老朽化したバスルーム。
二人の男が、お互い離れた所で脚を鎖に繋がれている。

その二人の対角線上に死体が。


オラ、ワクワクしてきたぞー!


自分、または守りたい人間の命を賭けたゲーム。
ルールに従い、攻略すれば命は助かる。
しかし、非情にも誰かを殺さなければならない場合もある。

そんなゲームの話し。

犯人の意図は一つ。
ターゲットに生の喜びをわからせる。
ただそれだけだった。



サイコ・サスペンスって言うのかな、これは。
常に緊張感があって、目が離せない。
派手な演出はないものの、じわじわと恐怖感が襲ってくる。


この作品は今まで見た中で一番面白い。
【2006/03/31 (Fri) 11:09】 Movie // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 徒然日記 All Rights Reserved.