-社壊人の物語-

徒然日記

PROFILE
えの


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS

SEARCH THIS SITE
光と闇
人間は考える葦である。


何も考えていない馬鹿はその限りではないと常々思っているが
考えすぎるのもどうなんだろうか。

水面に一滴の水を垂らすと、瞬く間に波紋が広がっていく。

俺もその様な感じに、疑問を一度持ってしまうと
納得いく解答を導き出すまで考え出してしまう。

最近では考えても仕方ない事だし、揺るがない事実である事を
再認識した後、考える事をやめてしまう。

理屈と感情のジレンマ。


それはさておき

「闇があるから光がある。
 そして闇から出てきた人こそ、一番本当に光の有難さが分かるんだ。
 世の中は幸福ばかりで満ちてゐるものではないんだ。
 不幸といふのが片方にあるから、幸福つてものがある。」

という名言がある。


まぁ言っている事は確かかもしれない。
結局、人生というのは不幸と幸福の繰り返しなのだろう。

しかしながら、幸福が一過性のものに過ぎず、不幸である時間の割合が
高ければ、耐え切れなくなってしまうのが人間だろう。


俺は周りから見れば幸せ者かもしれない。

いや、生まれた境遇自体が不幸な人も世の中にはいるので
今こうして五体満足で仕事をして、家に帰って、を繰り返し
ごくごく平凡な生活を送っていられる事は幸せなのだろう。


そう思って、平凡な日常の中でも小さな幸せを掬い上げ
胸に刻みながら生きていけたらいいな。
【2011/12/26 (Mon) 22:44】 Diary // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント
いい記事ですね。
【2011/12/27 (Tue) 00:26】 URL // らーめん #- [ 編集 ]

抽象的な書き方で意味不明かもしれませんが、ありがとうございます。
【2011/12/27 (Tue) 16:13】 URL // えの #dGreqikc [ 編集 ]












管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://eno3.blog3.fc2.com/tb.php/1680-c0408dec
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 徒然日記 All Rights Reserved.