-社壊人の物語-

徒然日記

PROFILE
えの


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS

SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
軌跡
この前受けた第二種衛生管理者免許受験までの。


実は受けるだいぶ前から色々と情報を集めていたものの
このテキスト使いました、みたいな宣伝混じりの
記事だったりしたのと、結構不安にさせる内容が多く
合格率が高いのは3回位受けてる人いるし
一発合格する人は少ないよ、みたいな感じだった。

なので、一発合格できるか不安だったけど、案外すんなり行った。

という事で、俺が何をしたかと言うと、月並みかもしれんけど
まずは参考書を読んで、その後は過去問を何度も解いた。

参考書は何でも良いと思った。(ちゃんと解説されていれば)
大事なのは問題を繰り返し解き、不明瞭な部分があった際に
参考書を読んでしっかり覚える。

そのルーティーンワーク。

んで、過去問は下記のサイトのものを全部、3回繰り返した。


解いている内に、大体自分のウィークポイントが見えてくるので
そこは重点的に覚える。

俺の場合、病休強度率等の計算式だったり、肝臓の役割だったり
ホルモンの種類とかとか。

最終的に、9割以上~10割取れればまぁ大丈夫かなと。

受験日が8/5だったので、7/5位からかな、参考書を読み始めて
1週間位でそれを終えて後はひたすら過去問。

ぶっちゃけ、1ヶ月もいらなかった。
後半2週間は思い出す感じで過去問解いてただけ。
(もしかしたらそれが良かったのかもしれないけども)

まぁそんな感じでやってたら一発合格できましたよ、と。
ただ、注意すべきは本試験は結構細かい部分を突いてくる
問題が多々あって、例えば血液の中で男女で差がない物はどれかとか
必要換気量の正しい式がppmでの表記だったりとか。

え、こんなの全く知らんよと思ったのは(参考書に載ってなかった)
体液性免疫と細胞性免疫の話。

とまぁ、よく出題される物を落とさない事と、よく分からない物は
文章から紐解くと実は答えはこれしかないだろうという推察ができる事。
その2点がクリアできていれば、合格できると思う。
【2016/08/16 (Tue) 11:44】 Diary // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://eno3.blog3.fc2.com/tb.php/1952-bbeb8e63
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 徒然日記 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。