-社壊人の物語-

徒然日記

PROFILE
えの


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS

SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
生きてこそ
えがちんからだいぶ前に借りたDVDをようやく見終えた。
何度か見てみたものの、大抵寝る前に見るもので
途中寝落ちしてしまうわな・・・。


ALIVE ― 生きてこそ


これは、実話を元に作られた作品。

1972年10月12日
南米のウルグアイの学生ラグビーチームが乗る、コロンビア行きの
貸し切り飛行機が アンデス山脈上空で墜落事故をおこす。

そして、墜落から救助されるまでの72日間の物語である。


彼らは、生き延びるために死んだ仲間の肉を食べた。
死んだとは言え、かつては友達だった人間のだ。

正直、凄いなと思う。
吐きそうになりながらも、かつての友の肉を食う。
想像するとおぞましい光景だけど、彼らはそこまで窮地に
立たされていた。

そんな窮地からの脱出。
人間の生命力とは凄い。


救助隊が来た時の皆の喜び。



全米が泣いた。
【2006/04/01 (Sat) 13:41】 Movie // TRACKBACK(0) // COMMENT(3)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント
これの文庫本を、友達が友達の誕生日に贈ってたよ・・・
ちょっとだけ読ませてもらったんだけど、
いまだに何故これが誕生日プレゼントになり得たのか謎(-ω-)
【2006/04/03 (Mon) 17:35】 URL // びあんぬ #- [ 編集 ]

やっと見てくれた~~
次は、浩康さんに渡してね!!
【2006/04/03 (Mon) 19:13】 URL // えがちん #- [ 編集 ]

>びあ
あんたなんて人肉でも食らってればいいんだわ!
って、その友達に言いたかったんだろう(違

人間とは偉大なものだ、と言いたかったのかしら。

>えがちん
観たぜー。
浩康には今度家に来た時にでも渡しておくよ!
【2006/04/03 (Mon) 19:29】 URL // えの #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://eno3.blog3.fc2.com/tb.php/610-7ea099f5
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 徒然日記 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。